2019年2月、㈲山口バス(門真市 山口達也代表)に、正社員のバス運転手として就職したAさんは、午前7時前に出勤し、午前と午後の2回バスを運転し、午後7時前後に退社するという毎日でした。午前と午後のバス運行の間に2時間から3時間の間隔があります。

 Aさんは、午前の運行と午後の運行の間も、運行管理者に逐一所在の報告を求められ、社内の清掃等の作業に従事していました。しかし、会社は、その時間を全て休憩時間として、賃金を支払わっていませんでした。

本日、団体交渉を申入れ、不払い賃金の支払いを求めました。会社のキチンとした対応を求めます。