連帯労組旗開きに参加しました。

「少々組合員は減ったが、共闘の仲間が増え、若い組合員が鍛えられるいい機会になった」という関生支部書記長の言葉に展望を感じました。逞しい。打たれても打たれても強くなる。