11.5団結まつりに、希望連帯労組組織局長チェ・オスさんや教育市民運動「楽しい想像」アン・ヨンシンさんが来日し、日本の労働運動市民運動と交流します。

韓国希望連帯労働組合は、ケーブルテレビ設置下請け会社で働く非正規労働者を中心に結成された労働組合です。雇用安定を闘う一方で、地域の貧困問題や教育問題に積極的に取り組み地域社会運動労働組合を指向しています。

希望連帯労働組合は、地域社会運動労組を指向する実践方法である「共に暮す生のための生活文化連帯運動」に取り組んでいます。

今回共に来日する教育人権運動団体「楽しい想像」は、ソウル市城北地域で、人権教育センターを設立し、さまざまな人権教育をしています。両団体から直接、「共に暮す生のための生活文化連帯運動」の実践について報告していただきます。

日韓の労働運動・地域運動について交流しましょう。ぜひ、ご参加ください。

来日メンバー
1.チェ・オス – 希望連帯労働組合組織局長
2.チェ・ムンホ – 希望連帯労組シエンエム支部江東支会長
3.アン・ヨンシン – 城北教育運動団体市民の会[楽しい想像]活動
4.イ・ジュニョク – 社会進歩連帯ソウル支部組織局長

●11.5団結まつり
11:00~16:00 毛馬桜之宮公園(桜宮橋北側)
12:30~13:30 ユニオン交流の広場で交流しよう。
参加協力券500円

●11月6日(月)19時 エル大阪701号
参加費500円   なかまユニオン06-6242-8130