労働組合なかまユニオンのページです

解決しました

  • HOME »
  • 解決しました

★ 最近の解決事例
●辞めさせてくれない:接客業で、長時間残業や休日出勤の連続で体調を崩し、退職を申し出たが、辞めさせてくれない。団体交渉で、会社の働かせ方の問題点を指摘し、会社都合退職を認めさせた。

● 雇い止め:衣料販売の期間社員が雇い止めを受けた。団体交渉で、使用できなかった有給休暇の買い取りを要求して金銭解決をした。

●退職勧奨:コンサルティング会社で、社内SEが退職を強要されたが、団体交渉で退職勧奨を撤回させた。

●暴力:福祉施設の職員に対する責任者の暴力事件と残業代の不払いで、謝罪文を手交させ、治療費・慰謝料・不払い残業代について、100%支払う事で解決した。

●即時解雇:リサイクル・回収・再生を行っている会社で、「明日から来なくて良い」と即時解雇されたが、団体交渉で解雇予告手当相当額の支払いで解決した。

●残業代不払い:広告代理店の残業代不払いで、残業代を大まかに算出して請求し、正確な退勤のデータを提出させ、再計算して、支払わせた。

●解雇:物流会社で遅刻や欠勤の連絡が遅かった事を理由に解雇通告されたが、団体交渉で撤回させた。又、就業規則を職場に掲示させるなど職場改善された。

●退職強要:居宅・訪問介護事業所に入職したが、社長と交わした契約書があるにも関わらず、事業所長が退職を強要した。団体交渉で、解雇予告手当相当額で金銭解決をした。

●解雇:正社員として雇用されたが、給与の内訳を同僚と相談し会社に問い合わせた処「他の社員を巻き込んだ」として解雇。就労闘争の結果、納得のいく水準で金銭解決をした。

●退職強要:大学の事務職員が、人間関係のトラブルを発端に、パワハラを受け退職を強要された。団体交渉では、退職強要をやめさせ職員のパワハラのない他部署への異動を実現した。

●会社都合退職:有給消化をして退職すると会社側に申出たが拒否された。団体交渉では退職理由を会社都合退職に変更し、消滅してしまう有給休暇の一部買取を認めさせた。

●試用期間解雇:正社員採用3日目で解雇。就労闘争で、1ヵ月の解決金を支払わせ解決した。

●退職強要:介護職として働いていたが1ヵ月もない9月末での退職強要を受け、要求書を提出したところ要求とおり12月まで雇用期間延長させ解決した。

●退職強要:コンサルタント会社で強烈な退職強要を受け体調不良になった。団体交渉して、会社都合退職、傷病手当の申請手続きを取る事、金銭補償等で解決した。

●辞めさせてくれない:業務委託で委託先に出向して仕事をしていたSEが、委託先でのハラスメントで体調を壊し退職を希望したが辞めさせてくれなかった事件。団体交渉で退職を求めさせた。

●退職強要:精神疾患でトラブルが発生した看護師が、休職を強要され、退職届にサインをさせられた。団体交渉の結果、会社都合の退職と解決金を支払う内容で合意し解決した。

●職場改善:給食会社で、職員の調理師免許を無断で行政に届け出ていたり、人手不足にも関わらず人員補充をしない等の問題があったが団体交渉で解決した。

●賃下げ:教育企業で、労働者の同意を得ることなく一方的に賃下げが実施された。教職員支部組合が参加する大衆的な団体交渉で善処させた。

お気軽にご相談ください TEL 06-6242-8130 受付時間10:00-19:00(月~金) 13:00-17:00(土)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © なかまユニオンの電話労働相談 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.