活動紹介

団体交渉で問題を解決します

 組合に加入すれば、経営者と対等の交渉ができます。経営者は必ず交渉に応じなければなりません。 団体交渉で様々な問題を解決します。 これは、憲法や労働組合法で保障された労働組合だけの権利です。
 最近寄せられる相談で多いのは、退職勧奨・解雇の問題、パワハラの問題です。

退職勧奨や解雇の場合

 退職勧奨・解雇の問題が起こった時、まず大事なのは、「退職勧奨」と「解雇」を明確に区別することです。
 「もう辞めてくれ」などと言われた場合、多くは 退職勧奨=労働契約の解約の申し出ですから、そういう場合は、はっきりと「辞めません」と答えることが重要です。
 これに対し「解雇」は、経営者からの一方 的な労働契約解除です。この場合は、解雇の理由を書面で明確化するよう求めることが重要です。解雇は、一方的な契約破棄ですから、法的な規制が加えられています。労 働契約法は「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。」と定めてい ます。団体交渉では、この条文を根拠に、会社の解雇に正当な理由があるか明らかにして、解雇の撤回を求めていきます。

パワハラの相談
 会社がパワハラは無いといくら主張しようとも、相談者が精神的苦痛を訴えているという事実は否定しようのないものであり、相談者の訴えを尊重し、その解決に必要な条件作りを一緒に考え、会社にも求めていくことが必要です。
 また、パワハラを根絶するには、パワハラの加害者の責任を追及するだけでなく、パワハラを許さない職場環境作りを会社に求めることが重要です。現在、団 体交渉で、社長がパワハラ撲滅宣言を出すこと、社員にパワハラ研修を行うこと、就業規則の改訂を行なってパワハラの加害者には処分を下すことを明記するこ と等を求めて交渉を行なっています。

職場の労働条件の改善
 その他にも、残業代が支払われていない、有給休暇が取りにくい、職場に危険な箇所がある、まともな賃上げや・一時金を支給して欲しい、というような労働条件の改善や権利拡大を会社に要求して、団体交渉を行なっています。 
 

裁判、労働委員会で闘います

 不当な解雇や組合つぶしに対しては、団体交渉と平行して必要に応じて裁判や労働委員会に訴えて闘います。
現在、キョーイチパワハラ事件を、また、大阪市職員である組合員に対して大阪市が行った入れ墨調査を拒否したことを理由とする不当処分、教員にに対する不当処分などを裁判所で争っています。
また、労働組合加入を理由とした不当配転事件を大阪府労働委員会で争っています。
 裁判は、弁護士に代理人を依頼することになります。労働委員会は、基本的にユニオンが独力で行います。


デモや抗議行動に取り組みます
 会社が団体交渉で誠実に対応しない場合は、宣伝行動やデモ抗議行動などに取り組んで、社会問題化します。組合員を解雇し、一方的に団体交渉を拒否している株式会社ひめじやに対しては、宣伝行動に取り組んでいます。

働く仲間の学習・交流会

 労働基準法や労働組合法など、法律で守られている労働者の権利、有給休暇、 労働災害、雇用保険などを学習します。基本的なことを知るだけでも大変役にた ちます。大阪労働者弁護団主催の学習会に積極的に参加しています。必要に応じて内部で学習会を行なっています。

文化・イベ ント活動

お花見、バーベキュー大会、夏のビヤパーティなど、組合員の家族や知人友人も 加わり、 楽しいイベントに取り組みます。仲間と交流し、連帯の輪、団結を強めます。
 地域の支部分会が、毎月「レイバーパブ」や交流会を開いて、交流学習しています。


平和と民主主義をめざす活動

 地域と世界の仲間、団体と連帯し、労働条件の改善、戦争と貧困のない社会をつ くります。