13日、久しぶりに 大阪府警前集会が開かれた。まず、 関生支部 武委員長と 湯川副委員長が 640日以上の 不当勾留から 解放された事を祝った。 しかし 解放されたと言っても、 組合事務所の立ち入りも許されず、 組合員との連絡も許されないという不当な制限付きだ。

制限の緩和とともに、 無罪判決を勝ち取っていかなければならない。 労働組合弾圧を広く世間に訴える シンポジウムが6月21日開催される。 YouTube で ライブ配信されるので多くの方の視聴をお願いする。
‥‥‥
★6/21シンポジウム~今、見逃せない労働組合弾圧~★
●パネラー
・永嶋靖久 弁護士(関生弁護団)
・亀石倫子 弁護士(GPS捜査・冤罪事件と闘う弁護士)
・竹信三恵子(ジャーナリスト、和光大学名誉教授)
・吉田美喜夫 (立命館大学名誉教授 博士(法学)
●コーディネーター 大椿ゆうこ
(クビを切られた元非正規労働者 社民党全国連合常任幹事)

●日時:2020年6月21日(日) 13:30 開場 14:00開会
●会場:学働館(事前申込み先着100名)
●申込方法:メールでお申込(6/18締切)(お名前・地域・所属団体等を明記)
●申込み先:sodan@mu-kansai.or.jp
●ライブ配信:スマホやPCで視聴できます
13:30以降接続してください。https://youtu.be/ce_wyXDfHz8

●主催:労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会(全港湾関西地方大阪支部気付)