組合員の報告です。

株式会社セイワ(枚方市星丘 、西田和生社長)は、製造業の委託元の工場内部で一定の業務を請け負ういわゆる「構内下請け」の会社です。同社で9月30日付けで整理解雇されました。コロナで仕事が無い為事業縮小との理由です。最近多いコロナ解雇です。雇用調整助成金を利用しても固定費がかかるので解雇だそうです。社会保険料等のことでしょう。仕事は鋳物の商品の検査請負業です。

整理解雇の要件を充たしていないことを告げましたが聞く耳を持ちません。。役員報酬の減額等の数字を出すよう求めましたが「出さない」と明言されました。団体交渉でも指摘して頂きましたが、整理解雇としては解雇理由が無いので、今度は解雇理由を人格否定に変更してくる始末です。その内容を確認すると「よくわからんから今度聞いとくわ」とのこと。呆れる以外感想がありません。早急に解雇撤回して下さい。

10月20日は、会社に社前行動に行きました。駅に着いた途端急勾配の坂道が待っており、季節外れの暑さの中重いスピーカーを運ぶのは大変でした。会社は住宅街にあり、大きな声を出すのは気が引けて少しトーンダウン。しかし委員長に適切な主張をして頂きました。僕の方は「不当解雇撤回して下さい。お願いします。」というのがやっとでした。社長は不在でしたので、事務社員に申し入れ書を渡して帰りました。

‥‥

コロナ禍といえども、整理解雇する場合は、整理解雇4要件を満たしていなければ、無効です。整理解雇4要件とは、

1 人員整理の必要性  
2 解雇回避努力義務の履行  
3 被解雇者選定の合理性  
4 手続の妥当性 です。