なかまユニオン小松病院分会は3月13日に、6項目の要求書を病院協仁会理事長に提出しました。

以下、分会ブログから一部引用し紹介します。

……

昨年4月の定期昇給が見送られて1年、様々な経営改善の努力が行われ、労働者も身を粉にして働いてきました。2年連続の定期昇給無しは、ガマンできません。優秀な人材の流出も招きかねません。2017年の定期昇給は無条件に実施されるべきです。

また、パート労働者の最低時給は今は900円ですが、世間相場の推移を考えて1000円に引き上げるべきです。そのために、パート労働者全員の時給を11%上げることを、私たちは要求します。

そして、賃金革命に取り組むべき時がやってきています。賃金革命とは、抜本的な賃金体系の変革です。常勤とパートとの差別待遇を廃絶し、職務価値に基づく公正な賃金体系を実現するべきです。

賃金革命で公正な職場を作るため、なかまユニオンは提案し、交渉し、行動します。

2017年春・なかまユニオン6項目の要求
2017年は定期昇給とパートの大幅賃上げを実施せよ!
①常勤職員の給与について、2017年4月の定期昇給を無条件で実施すること
②パート職員の給与について、2017年4月より一律11%の賃上げを行い、最低時給を1000円とすること。

2018年までに賃金革命で公正な賃金を実施せよ!

③2018年4月をめどに、新しい賃金制度に移行すること。新しい賃金制度は、同一価値労働同一賃金(EPEV)の原則に基づき、常勤とパートとの差別を全面的に撤廃するものであること。

・フルタイムかパートタイムかにかかわらず、雇用期間の定めが有るか無いかにかかわらず、同一価値の労働を提供する労働者に対しては時間当たり同一の賃金を支払うこと。

・同一価値労働の評価は、ILO100号条約に基づく職務評価で行うこと。職務評価は「技能」「責任」「負担」「労働環境」の4つの側面を評価するもので、評価基準は公開されたものでなければならない。

・最低時給を1500円にすること。

(以下省略。こちらを参照ください。)