韓国サムソン労災事件当事者ファンサンギさんを招いての『なくそう労災職業病』交流会(神戸市勤労会館)に参加しました。

サムソン電子半導体工場で働いていた労働者から、236名から白血病や脳腫瘍などの被害情報が寄せられ80名が死亡しているという。現在まで24名が労災認定されている。サムソンは責任を認めず謝罪を拒否し、補償金の支払いで事件をもみ消そうとしている。

ファンサンギさんイジョランさんらは2015年10月以来、サムソン電子本社前での座り込みを続けている。