解決事例

解決事例

退職勧奨・退職強要

  • コンサルティング会社で、社内SEが退職を強要されたが、団体交渉で退職勧奨を撤回させた。
  • 旅行代理店でパートで働いていました。新型コロナウイルスによる業績悪化で、考える時間を与えてもらえず「今すぐ部署異動して働くか、それがいやなら退職するか」と迫られました。金銭解決と、協定書には会社の遺憾表明を表しました。
  • 居宅・訪問介護事業所に入職したが、社長と交わした契約書があるにも関わらず、事業所長が退職を強要した。団体交渉で、解雇予告手当相当額で金銭解決をした。
  • 介護職として働いていたが1ヵ月もたたないうちに退職強要を受け、要求書を提出したところ要求どおりの月まで雇用期間延長させ解決した。
  • コンサルタント会社で強烈な退職強要を受け体調不良になった。団体交渉して、会社都合退職、傷病手当の申請手続きを取ること、金銭補償等を会社に約束させ解決した。
  • 大学の事務職員が、人間関係のトラブルを発端に、パワハラを受け退職を強要された。団体交渉では、退職強要をやめさせ職員のパワハラのない他部署への異動を実現した。
  • 精神疾患でトラブルが発生した看護師が、休職を強要され、退職届にサインをさせられた。団体交渉の結果、会社都合の退職と解決金を支払う内容で合意し解決した。

解雇

  • 解体業の会社の営業社員が、得意先への不当な見積もりの指示を拒否したところ、ボーナスを大幅に減額されました。それについて社長に問い合わせたところ、解体の現場へ配置転換を命じられました。その後解雇され団体交渉も決裂し、従業員としての地位確認の裁判に訴えました。職場復帰はしませんでしたが、裁判長の職権和解により、満足のいく形で金銭解決しました。サービス残業の全額支給、裁判中の賃金の支払いも行われました。
  • 物流会社で遅刻や欠勤の連絡が遅かった事を理由に解雇通告されたが、団体交渉で撤回させた。又、就業規則を職場に掲示させるなど職場改善された。
  • 正社員として雇用されたが、給与の内訳を同僚と相談し会社に問い合わせたところ、「他の社員を巻き込んだ」として解雇。就労闘争の結果、納得のいく水準で金銭解決をした。
  • リサイクル・回収・再生を行っている会社で、「明日から来なくていい」と即時解雇されたが、団体交渉で解雇予告手当相当額の支払いで解決した。

雇い止め

  • 衣料販売の期間社員が雇い止めを受けた。団体交渉で、使用できなかった有給休暇の買い取りを要求して金銭解決をした。

派遣

  • 新型コロナウイルスによる業務低下を理由として人員削減により派遣会社から雇い止めを受けました。解雇予告手当・解決金の支払い、会社都合退職で解決しました。
  • 派遣社員として夜間の設備管理業務を続けてきました。しかし、突然に詳しい説明もなく、派遣先との契約を変更したのでと中途解除、退職を強要されました。雇用期間がまだ残っていることを訴えると、会社はこれまでとは職種も労働時間も賃金も全く違う業務への配転を提案してきました。解決金の支払い、会社都合退職とすることで解決しました。
  • 外国人派遣労働者が、派遣先でのきつい言葉使いに対して改善を求めたところ、契約途中で解雇されました。団体交渉で残りの契約期間の賃金の相当額を支払うことでスピード解決しました。

試用期間解雇

正社員採用3日目で解雇。就労闘争で、1ヵ月の解決金を支払わせ解決した。

不当処分撤回

保護者からのクレームは事実無根であることを確認し、保育士に始末書を求めた業務命令を撤回させました。

会社都合退職

有給消化をして退職すると会社側に申し出たが拒否された。団体交渉では退職理由を会社都合退職に変更し、消滅してしまう有給休暇の一部買取を認めさせた。

残業代不払い

  • プラスチック成型工場で20年近く働いてきました。団体交渉を開催し、毎日55分間の残業代不払いを2年分、土曜日休日出勤手当未払い2年分を100%支払うこと、2年間遡及して(過去にさかのぼって)雇用保険に加入手続きを取ることを認めさせました。
  • 広告代理店の残業代不払いで、残業代を大まかに算出して請求し、正確な退勤のデータを提出させ、再計算して、支払わせた。

賃下げ

  • 教育企業で、労働者の同意を得ることなく一方的に賃下げが実施された。教職員支部組合が参加する大衆的な団体交渉で善処させた。

賃金不払い

  • 24時間拘束の病院のビル管理に勤務していました。仮眠時間が待機を前提にしているにも関わらず労働時間にカウントされていませんでした。団体交渉で支払わせました。
  • 正社員として入職したドライバーが午前中と午後の間の時間に、車の整備や車内清掃を行っていたにも関わらず、「休憩」として賃金が支払われていませんでした。ほぼ満額の回答で妥結しました。

パワハラ

  • 正社員の保育士が、施錠された部屋でパートに転換するように迫られ、抑うつ状態で出勤できなくなり社宅からも退去するよう迫られました。パワハラを行った園長の謝罪文、約5ヶ月分相当の解決金支払いなどで和解解決しました。
  • 新設の訪問介護事業所のケアマネが業務の適正な運営を求めていたところ施設長からパワハラを受けた。団体交渉を申し入れ、求職し休養する一方、事実関係を調査し、改善策を約束させた。

性暴力・セクハラ

  • 神戸のブライダル企業で社長が新人2人を研修と称して京都に連れ出し強制わいせつに及びました。謝罪と補償を求め団交を重ねましたが、会社側弁護士による2次被害を受けました。さらに会社は名誉棄損の損害賠償提訴を起こしましたが、被害者2人が原告となり反訴、社長を証人席に引きずり出しました。その間、抗議FAX、署名行動、社長宅近隣デモ、親会社攻めに取り組み、ついに勝利的和解を勝ち取りました。解決後も「次の人を泣かせない」ために「セクハラNO!」パンフの発行や、2回の参加型学習会に取り組みました。
  • 工場での製造部でセクシャルハラスメント事件が発生。団体交渉で会社側に事情聴取や報告書作成などを要求しました。団体交渉で、部署別ミーティングで報告書を読み上げてもらうこと、主任ミーティングでハラスメント学習をすることなどの確認の文書を交わすことができました。

暴力

  • 福祉施設の職員に対する責任者の暴力事件と残業代の不払いで、謝罪文を手交させ、治療費・慰謝料・不払い残業代について、100%支払う事で解決した。

職種変更

  • 正社員として働いていたヘルパーが、週3日労働のパート社員への一方的変更を通告された事件。団体交渉を申し入れたところ、パート社員への職務変更提案は撤回された。

辞めさせてくれない

  • 接客業で、長時間残業や休日出勤の連続で体調を崩し、退職を申し出たが、辞めさせてくれない。団体交渉で、会社の働かせ方の問題点を指摘し、会社都合退職を認めさせた。
  • 業務委託で委託先に出向して仕事をしていたSEが、委託先でのハラスメントで体調を壊し退職を希望したが辞めさせてくれない。団体交渉で退職を求め、解決した。

職場改善

  • 給食会社で、職員の調理師免許を無断で行政に届け出ていたり、人手不足にもかかわらず人員補充をしない等の問題があった。団体交渉で解決した。
タイトルとURLをコピーしました