9月12日 、大阪地裁堺支部で明亜興産不当解雇事件の裁判が開かれ、証人調べの日程が決定しました。

12月5日 午前10時30分から、 まず原告の証人調べ。 その後午後1時30分から 明亜興行社長の笹浩明氏と明亜興産事務員のI氏の 証人調べが行われます。

2年間に渡る裁判も最大の山場を迎えます。 ぜひ多くの方の傍聴をお願いします。 法廷は大阪地裁堺支部304号法廷。

明和興産不当解雇事件は、 解体業の営業職で、不当に高い見積もり提案することを拒否したところ、 1時金で差別をされた挙句に 解雇された事件です。 このような不当解雇を許してはなりません(写真は、裁判後の報告集会の様子)。