0月3日(土)、みんなで大阪「都構想」NO!御堂筋デモに、なかまユニオンの仲間と共に参加した。11月1日に住民投票が迫る中、大阪市民に大きく訴える場として大きな意味がある行動だ。大阪市役所南側の中之島公園女神像前に御堂筋デモを求める人たちが続々と集まる。午後1時に集会がスタート!ZENKO代表の山川氏から「130年の歴史のある大阪市を住民の意志で存続させないといけない。都構想NO!の大きな声を上げていこう!」と力強くアピール。そのあと、「4つに分割したら損しまっせと訴え、住民一揆をこの一カ月闘いましょう!」「大阪市の発展あって大阪府に波及。皆さんで反対運動やりましょう。」など連帯アピールが続く。また、お富さんの替え歌で、♪無駄な税金32億 かけておわった都構想♪と笑いと怒りを誘う歌も出て盛り上がる。午後2時過ぎから、難波まで元気よくデモ行進をスタート!「都構想にNO!NO!NO!」「大阪市をなくすな」と小気味よいコールをくりかえす。沿道の人たちから拍手や手を振る人たちも。途中、替え歌やスウィングまささんの演奏もあり、解散地点の元町中公園まで楽しみながら歩きとおせた。最後に「都構想阻止するために、できるあらゆることをやっていこう。」のまとめと力強く「都構想ハンターイ!」を三唱した。参加者一人一人に都構想阻止の思いを強く植え付けたデモ行進となったに違いない。(津)