労働相談

労働相談Q&A

質問をクリックで答えが展開します。再度クリックで閉じます。

あらゆる労働問題です。たとえば、

  • 賃上げ交渉をしたい。
  • セクハラやパワハラをなんとかしたい。
  • 給料を下げられた。
  • 残業代が払われない。
  • 配置転換させられる。
  • 仕事上でのケガや病気の補償が無い。
  • 長期間労働でしんどい。
  • 解雇や雇い止め・更新拒否
  • 労働組合を結成したい。

相談には、

  • 電話での相談
  • メール相談
  • 来所しての面談

の3つの方法方があります。

労働者、学生アルバイト、主婦パート、失業者など、どなたでも受け付けます。

まず電話やメールでご相談ください。それで解決しない場合、事務所で面談でのご相談に応じます。
電話・面談での相談は、平日(月~金)の午後1時から午後9時まで。
日曜日は午後1時から午後5時まで。
メール・LINE相談は随時受け付けています(ただし、回答返信には2日間ほどかかることがあります)。

労働基準監督署は労働基準法違反を指導します。解雇が有効かどうかなどは、裁判所が扱います。
労働局や地方自治体のあっせんなどは、強制力がありません。
一方、労働組合は労働問題全般を扱い、団体交渉を申し入れて解決します。経営者は団体交渉を拒否できません。

平日午後9時まで対応しています。日曜労働相談もご利用ください。

相談の秘密は守ります。

無料です。

大阪労働者弁護団など労働者側に立った弁護士を紹介します。

女性の相談員はいますので、お申し出ください。

タイトルとURLをコピーしました